自分で読みたい

10月4日(日) 息子は2歳9ヶ月4日。

お風呂のあと、寝る前にいつも本を読んであげていますが、
なぜか、4冊と決まっているんです

というのは、たしか・・・・・2歳をすぎたころ。
1冊ずつ読んでいるとエンドレスで、
次はこれ!次はこれ!あと1冊だけ、あと1冊だけ!と言いながら
全然『あと1冊』という約束なんて守らずに、
どんどん『これも!これも!』と本を持ってきて、絵本読みが延延と続き、
寝る時間がどんどん遅くなるので困っていました。

そこで、けじめをつけるべく、
最初に好きなのを4冊持ってきて、お布団の上に並べさせて
これが全部読み終わったら、終わりだよ!電気消して寝るんだよ!と最初に約束すると
もっと!もっと!あと1冊!あと1冊!と延延続くことがなくなり、
あっさりお布団に入って寝るようになったのです。

たしか、5冊だと多すぎるし、3冊だと少ないかな?と思って4冊にしたような気がします
(いずれにしても、たしした理由じゃないけど)

なので、我が家では、お風呂のあとは好きな本を選んで4冊お布団の上に並べるのです。

しかし、ひらがなが読めるようになった今・・・・・・・・・
それはそれでまた問題が・・・・・
今度は4冊を自分で全部読みたがるので、またまた時間がかかり、寝る時間が遅くなる~

ひらがなが読めるようになったと言っても、
一文字一文字たどたどしく、なぞりながら読んでいくので
まだまだ大人のようには読めるのには程遠いから
時間が掛かるかかる

私が手出しをしようものなら、『やめて!』と言って、
絵本を自分で抱え込んであくまでも自分で読もうとします。

なので、あえて、簡単な文字の少ない絵本を最初に選ばせるように
しむけています
赤ちゃんのときに読んであげていた文字の少ない絵本が
今、また大活躍!!

『やさい、だいすき』や『がたんごとん』とか、文字数が少なくていいですねぇ

こどもちゃれんじプチ時代の毎号の付録絵本も今になってまた大活躍

一生懸命、お風呂上りに自分で読んでいます。
画像