きょん’s ブログ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 家を建てるR床、壁、色決め

<<   作成日時 : 2007/10/20 14:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月20日(土)晴れ 

今週末の新居の打ち合わせは、ズバリ、色決め

長い時間がかかるみたいで、いつもより早い13時からの打ち合わせで
ハウスメーカーさんのショールームへ。
生後9ヶ月の息子は、長い間じっとさせているのも可哀相だし
離乳食やオムツ替えやぐずぐずで、
私たちも落ち着いて壁紙なんかを見てられないと思い主人の実家に預けていきました。
ご両親はちょうど旅行をキャンセルしてくれたようで、助かりました。

大体もうイメージは固まっているので
色決めはすごいスピードで進みました
(それでも13時から18時までかかりましたけど)

外観もシンプルモダンなので
内装もシンプルモダンのテイストで!!

外壁は白が基本の、ポイントには違う素材感のある黒に近い茶色で、モノトーン調。

床と建具は濃いダークブラウン。
壁紙はふつーの白!!
しかし、この白がたくさんあるのよね。
細かい折柄によっても印象がずいぶん違ってくるんですね
悩んだけど、もう本当にふつーーーーの一番シンプルな白にしました。
部屋によって壁紙を変えるのもいいかと思いましたが、
旦那がごちゃごちゃするのが好きじゃないので、
和室と水周り以外は、全部同じ壁紙で統一しました。
子供部屋とか寝室とか、ちょっと雰囲気を変えてもいいと思ったけどなぁ。。。。

床は濃いダークブランは、ほこりや傷が目立つし、掃除が大変だと聞いていたけど
これは、私たち夫婦も以前から決めていたイメージなので、決定!!
あ〜、赤ちゃんがいて掃除なんか、あんまりしていられないのに大丈夫なのか
という不安は残りますけど・・・・。
二階の子供部屋二つと、洗濯物部屋兼、家事室は明るい床の色にしました。
それ以外は廊下階段すべて、ダークブラウンです。
掃除が大変だぁ〜!!

キッチンは大理石調の白い床。
洗面所、トイレなどの水周りは、ベージュのような石目が少し入ってる感じのもので、
水まわり専用のクッションフロアにしました。

悩んだのはリビング続きの和室。
びっくりしたんだけど、最近の畳は
 「化学畳」 なんですね

この化学畳という言葉、私、初めて知りました。
本物のイグサの畳だとダニなどがわいてしまうので
最近だと、ほとんど、この化学畳だそうですが、
どうなんでしょうか?????

本物の藁床のイグサの畳は
高気密高断熱の家では、あまりオススメしないと言われてしまったんですが・・・

まあ、シックハウスとか?ホルムアルデヒド?とかの心配はないような商品らしいのですが
そこらへんが、若干気になりました。

今のマンションの畳は、イグサのカスが出てるので本物の畳だと思われるのですが・・・・。
たしかに、息子がハイハイするたびにイグサのカスが出て、
最近、お掃除が大変ですけど、
本物の畳(だと思う)なので、吸湿性にすぐれ
お布団を敷きっぱなしにしても平気です。
(と言っても、天気の日には必ず干しているし、掃除機掛ける時にどかしたしりしてますが)
息子はベビーベッドですがね。
やっぱり赤ちゃんがいるから、日中、寝られるときに昼寝したいしさ〜。

化学畳ってどうなんでしょうかねぇ・・・・・。
ちょっと不安が残りましたが。。。。。
半畳のふち無し畳にして、色は黄金色。
限りなく洋室に近い感じにしました。

和室が一番悩んだかな〜。

その他、玄関ポーチのタイルやら、雨どいやら、窓枠やら・・・・・・・
そんなこんなで、もう夕方6時。

息子を置いてきて良かった〜。
午後1時からこの状態だったので、
途中、離乳食も食べさせなくちゃだし、うんちもするだろうし・・・・
じっとしてなんかいないだろうし
キッズコーナーはもっと大きい子じゃないと一人になんかしてられないし・・・
旦那のご両親に感謝です。

大急ぎで帰り、息子を迎えに行きました。
預けたときは、泣きそうな顔でいつまでもこちらを見ていた息子でしたが
いい子にお留守番していてくれたようです
えらいえらい

新居の打ち合わせ、いよいよ最終段階に入ってきました。
壁紙や床が決まったところで、最終的にキッチンの色や洗面台の色を
決めなくちゃなぁ〜。

来週、また汐留の松下電工と、新宿のクリナップさんへ旦那も一緒に行く予定です。
やっぱり最終決断は旦那にも一緒に選んでもらわないとね。

家作り。。。。もうひと息です!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
家を建てるR床、壁、色決め きょん’s ブログ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる